おれたちヒューマンビーイング

折り畳み自転車とノースフェイスのバックパックを背負って高校へ行っていた。当時クソほど馬鹿にされたのを憶えている。なんでそんな服着るのかと訊かれ、鮫みたいでかっこいいからだと答えると、みんながおかしいと思ってんねんから、その格好おかしいねんでと、ミッキーマウスのメッシュキャップをを斜めにして被ってる雑魚に言われる。

で、一年後である。気持ち悪いほど多くの同級生かまミニチャリとノースのバックパックを背負い、自分の中傷していたマウンテンパーカーとかを着だした。まあ気持ち悪いのである、この光景が。そういう奴らが今はモンクレなんか着飾って、昔は古着屋とか行ってたとかほざくのである。死ねばいいのにと未だに思う。27歳になっても未だに思う。それがずっと根にあって、流行も、人間も、嫌いである。安かった服がべらぼうな金額に跳ねる。市場もキモければ、人間もキモい。

今も昔もストリートと大衆の間には一年以上のタイムラグがあり、その波は同心円のように広がっている。ぼくは今、その同心円の末端みたいなところで、これまた嫌いなディーゼルを半額にして売り捌いている。何が流行っているのかも、何が廃れているのかも、住んでる場所によって変わる。流行は同心円の波状だというのは最近わかったこと。流行りは過去で同時に未来でもある。サイクルが激しいからこそ同時に見える時もある。

話を戻そう。自分で何がかっこいいのか分からない奴ら、ものを見ることができない奴ら、そういう奴らを一言でまとめれば、色んな意味で情弱、情報弱者になる。自分のアンテナもないし、俯瞰的な視点もない奴らの総称がそれだ。そういう奴らのために大企業さんがいてるのである。よくあるスローガン、『幸せを届けたい』なんて建前じゃないか!と憤るが、本当に幸せを届けているのである。儲かるからやってますねん!で済むことを、アホなオマエタチに分かりやすく言ってくれているのだ。気分を害したか?どうでもいい。オマエタチは幸せだ。おれも幸せだ。永遠に分かり合えないことを常々見せつけてくれるから、私は落ち込んだり、ハッピーになったり、毎日退屈を凌げる。みんな違わない!おれたちヒューマンビーイングは、おれたちは日本人で、おれたちは同じ言語を話すのに何も分かり合えず、それでもおれたちはヒューマンビーイングである。

話は変わるが、私には最近夢が出来た。夢なんて今まで持ったことがない、この私に夢ができたのである。これほんまにすごいことやと思う。

ウガンダルワンダの辺境にゴリラの住む森があり、そこへ行くツアーがあるらしい。実際に、遭遇した場合は目を合わさない、音を出さない等色んな制約がある。人間どもが下を向き、気配を消している中、ゴリラはまるで人間をおもちゃのように弄んだり、存在すらしていないかのようにむしゃむしゃ葉を食べたりしている。そんな動画を見てコレだと思った。

重ね歌

電車。帰りの電車でグッタリしていると、前の座席から歌声が起こった。よく聞くと男が新垣結衣のヘブンリーデイズを歌っている。目を閉じている。唇がてりてりしている。不意に笑ってしまった。男と目が重なった。でも、笑いが止まらない。なぜおれはヘブンリーデイズを口ずさまれているのだろうか。考えれば考えるほど笑けてくる。

怒られたら謝ろうと思った。喧嘩すれば片手で勝てるくらい陰気そうな男の子だったが、歌声を笑われたら誰だって怒るだろう。悪いのはおれである。とはいえ、彼はまるで怒る気配はないし、ふざけている様子もない。ただおれだけのために歌っているのではないかと思えるほど優しい目でこちらを見てくる。男の隣に立っている向かいの三人組はケラケラと笑いだした。にも関わらず、おれへ向けて歌うことをやめなかった。

今になって思うが、おれも歌で答えるべきだったのではないか。エグザイルのラバーズアゲインでも返せばよかった。短歌の返歌のようにトキメキを感じれたかもしれなかった。いや、返歌ではないな、重ね歌が正しい。

おもろい人

店長にもらった本を未だ読んでいない。経営とかマーケティングについての本だ。その正しさに帰依するのは危険なような気がして、読めずにいる。本を読むことは怖いことだ。あくまで一つの見解を読むだけであると理解はしているが、読むとはセックスでいうところの本番行為、入れることである。だれでも彼でも相手出来るようなタチじゃないから躊躇いがある。

まあでも店長はわざわざ買ってくれたのである。読みたくないです。と私が言うと笑う優しい人だ。それでも私は読まない。マーケティンの入門編だが、私は入門という言葉が嫌いだ。入門は輪郭を規定する。その者が何者であろうとどうでも良い、わ

へリングの生

キースへリングへの嫉妬が募る。まず写真を見てもらいたい。

f:id:soshisoshi:20190419223358j:plain

天才ですね、へリングは。私はずっと壁になりたかった。街へ擬態したかったし、擬態としてのファッションをカモフラを超える形で実現したかった。が、このへリングの写真を見て、私の中に猛烈な嫉妬が走った。というよりも、ヤられた、いやヤラれてた。という方が正しいか。

まず、私の擬態とキースへリングの違いは、私が外部へ溶けようとするのに対して、へリングは内部を外部化することから始まっている。これはもう目玉飛び抜けたね。単に部屋を飾るわけじゃなくて、内部を外部にしちゃうってところ。私はこれを見て、お前もこっちこいよと言われてるような気がした。へリングのフィールドでは、へリング以外の人間が浮く。へリングは自分が無敵になれる場所をつくった。強引ではあるが、原初的な風景にさえ見える。アニマルの面影がちらつく。もっと言えば、へリングは巣を作ったのである。内部を外部化するとは想像の巣を作るということだ。生活としての巣ではなく、ビジュアルとして巣を作ったのである。天才、というか、アニマル的であり、人間的である。

かと言う、私は、街へ擬態することばかりを考えて暗礁に乗り上げる。現代の部族とはなにか、と考えるとスーツを着こなすサラリーマンであり、デニムである。そこに抗おうとすると今度はカウンターカルチャーに巻き込まれる。まあ詰んでるわけっす。だから社会の対立項から逃走戦を引くために、人間へ擬態するのではなく風景へ擬態しようとしたが、人間には顔があるから難しい。へリングが生なら、私はゴーストを目指した。でも、ゴーストって多分、リックオウエンス みたいな感じやろうなと最近思っている。

街への擬態はものの3日くらいで頓挫した。3日しかやってないのに、へリングと比較しようと思ったなとお思いのあなた、でも、3日もあれば地球の裏側から帰って来れる時代だぜ。だから運なかったな。でも、たまには考えてみようと思う。ゴースト的でない、街への擬態を。街で隠れる必要はないと思うかもしれないが、視線は武器やで。えっとな、ヘンリーミラーやったか古井由吉やったかの小説か、デリダの視線の権利やったか忘れたけど、展覧会で言えば、the power of images っていうの民族学博物館であってんけど、まあ何れにせよ分からん奴には分からんやろう。実際、歯医者の真っ白なLEDの下で口の中見られるくらい嫌な視線を浴びまくってるわけやから、視線から心身を守る必要がある。思いついたらいずれやる。とか今日はへリングと私を比較しながらとやかく話したけど、へリングのことよう知らんって言うたら怒る?笑

その、ことば

「闘いつづける限り負けないのだ」キキちゃんは、ぼくの言葉を憶えていた。ぼくは忘れていた。エネルギーに満ちていた自分を思い出した。こうも隔たったところに、今がある。忘れていた。でも、キキちゃんはぼくの言葉をずっと忘れずに何かと闘いつづけていた。

その言葉は坂口安吾から引き継いだ言葉だ。キキちゃんがそれを口にしたとき、頭から光が飛んで目眩がした。「一体、何と闘っているというのだ。勝てるわけがないじゃないか、人間が勝てるわけがないのだ。でも、闘いつづける限り負けないのだ」

キキちゃんは憶えていた。ぼくはいつの間にか、何かを社会にすり替え、社会を会社にすり替え、代替できない怒りや悲しみや退屈の対象を身近なものとすり替え、闘うこと自体を忘れていた。闘わないという選択肢が生きるうえであり得るのだろうか。闘うことが生きることだ。もっと怒れ、もっと悲しめ。社会なんてどうでもよい。おれは戦争機械であれ。おれは闘いであれ。おれは文人ではない。作りたいだけの人間である。即席のもので抗え。武器を持つのに武器屋へ行くな。フォークで闘え、マンホールで闘え、植木鉢で闘え。ことばも使え。使えるものは何でも使え。お前という二人称をもって呼びかける得体の知れないものと闘え。人間と闘うな。もっと大きなお前、顔も知らないお前、声も形も知らないお前、おれの声が届いてるかどうかすら分からないお前におれは闘え。おれはそれだけと闘え。社会は炸裂している、そいつらをああだこうだ言うよりも、おれは生きろ。おまえを履き違えるな、神を作るな、即席の神を設けろ、すぐに追い出せ。呪い殺せ。それが地に足をつけられない、おれの闘いなんじゃないか。

ぼくは詩人ではなかった笑

詩人ではないことに気がついて肩の力が抜けた。前々からおかしいなあと思ってたんやけど、おれの詩は詩じゃない。では何かと言うとツェランとかベケットとかドゥルーズとかの言葉を頭に浮かべながら自分の経験情報を整理してたので、いわばただのノートである。なぜこれを詩の形式にしたのかと言えば、何かを作りたかったからである。ぼくのノートにはタイトルがない。そもそも伝えたいことも作りたいものもない。ただ何かを作りたいだけだった。今から思えば、色々と納得できる。伝えたいこともないわりにやたらと何かを作りたがるし、作りたいものがないわりに作ろうとする。ぼくはこの何かにずっと翻弄されていた。で、今日分かったのである。ぼくは作りたいだけである。社会とか革命とか新しいとか古いとか、気にしてるふりはしてたけど、実は全く興味がない。で、おれの書いたものの中で一番しっくりくるものがあるので参照しますね。

ああああ負けました

負けました

前面降伏でございます

感化院でも会社にでも放り込んでください

ああ負けました、負けました

国なんてあったのですね

知りませんでした

お国のためにでなく

自分のために闘っていました

申し訳ない!

ああああああああああああ負けました!

負けました!

そもそもこれが闘いだったなんて

知らぬが仏は褒め言葉だと

恐縮でございます!

ああああああああああああああああああああああああああああああああああ

負けました!

負けました!

負けました!

不戦勝でございます!

 

 これと、

エギリスのEU離脱ですか

北朝鮮テポドンですか

日本の首相ですか

初耳です!

テレビジョンは家にないのです

新聞ですか

ネットですか

ニュースですか

ポルノしか見ていません

恐縮です!

政治問題ですか

立派に政治活動しております

炊事、犬の観察、読書、おしゃべり、通行人との駆け引き

私にとって政治とは

判断でございます!

つまり、自分とは関係のないことを

ばっさり切断し、

有限なる繋がりを

盆栽していくことでございます!

 

 

三、四年前やから、ばりばりドゥルーズ入ってるけど多分これが正直に書いてる文なんやと思う。でも。そもそも戦ってもいないし、戦う気は実はなかったから嘘をついている。嘘をついて文章を高揚させている。自分を高揚させて夢中にしようとしているんだね、これは。

で、その時のぼく的には読んだ本と戦うのがおれの本能だと思ってたわけなんですけど、ところがどっこい興味なかったんですね〜笑

ずっと作りたかった。ぼくは何かという得体のしれない脅迫概念に唆されていたのであーる。笑 笑とかつけないのに笑とかつけちゃう、この感じがまじでいい感じ笑 また笑つけちゃうよね笑 ほら笑 笑笑にでも面接行こうかな笑

何かを作りたいわけじゃないってことに気づきました。持続するのはそもそも昔からできない。でもぼくは作りたいんですね。だからこれからはHOWでいけそう。どう作るか、何でつくるか。でね、まあぼくは今日めちゃくちゃ悩んでたんすよ。最近ずっとなんですけど、何も作れないし、文も書けないし、仕事しようがしまいがいつも何かに追われて死にたくなるけど、それと同じくらい生きたくもない。死に至らない病って呼んでたんですけど、それって何かを求めすぎてたんですね。そもそも何かなんて興味ないのに!

今は絵も描けるし、てか、昔粘土で鼻ばっかり作ってたんですけどまた粘土しようかなと思ってます。単純に手を動かすっていいっすからね。粘土は乾いたら残るし、残ったら誰かに見せれるし、ええことばっか。純粋に作りたい、それだけのことに気づくのに時間かかった。いや、かかってないな、結構早い方かもしれへん。天才かもしらへん。ただそれに気づかせてくれたのは原稿とインクの出が良いペンでござる。親指だけじゃ分からんことも教えてくださるでペンは。いいペン使いなはれ。

思ったんやけど、おれほどおれの出来事だけでおれを解説できる人間いてない。これってすごいことちゃうけ?寝る前にシャーマンキング見よう

整然と矛盾する潔さ

タイトルの如く素晴らしかった。カルチャーが渾々と湧いては死にアスファルトの上から立ち上る靄は夢のようにアトラクティブで開放的だった。大阪とは異次元の場所だった。そもそも比較対象ではなかったという感慨が街を歩く度に、ひしひしと感じられた。人間の数が桁違いに多く、彼らが持つ二つの目はその数の二倍ある。視線によって籠絡されたアスファルトのカルチャーは、数の多さゆえに無関心でもあり、人間同士の間で交わされるファッションものびのびと捻られていた。

アスファルトのカルチャーに他種生物はいない。というよりも、人間以外の生き物の存在すら忘れている。忘れているだけで本当はみな、覚えている。忘却に次ぐ忘却で自暴自棄になっているのが東京という都市、夢なのだろうと思っていたが、必ずしも自暴自棄ではないのだろう。つち式の観点からすれば、他種を忘れすぎではある。

ぼくはファッションをしている。視線があって初めて成立するものだ。視線が多ければ多いほど、ファッションは洗練されていく。端的に言えばファッションはアスファルトの文化だ。それをやってる人間からすれば、東京はほんとうにアトラクティブな街だった。

ファッションが始まって未だ百年に満たない。というよりも、ファッションは始まってすらない。東京ではファッションが始まっている。話は変わるが、つち式はアスファルト以前の生を暴くラディカルな書だ。アスファルト文化への天災でもある。ぼくはこの本に少し携わりながら、生を大阪で過ごしている。東京に魅力的な引力を感じ、つち式のラディカルさを感じながら、寝ていたの死んでいたのかよくわからない心の動きを感じている。どっちも肯定している自分にもはや驚きすらない。それは混沌としたものですらなく、整然と矛盾する潔さである。今はとても心地よい。よく眠れそうだ。