視線の権利

デリダの著作に『視線の権利』なるものがある。読んでる途中で狂った。あんな怖いものをよく書いたなと思った。怖さのなかに法悦のようなものを感じつつ、古い記憶ながら二度と読みたくないと感じたのを思いだす。

視線がわたしを捉えるとき、知り得もしない方法でわたしは何かへ変形させられる。わたしもまた視線を他人に投げ、他人を捕まえる。視線は暴力だ。視線はわたしを不自然にする。わたしを硬くする。恥辱で動けず、自由を奪われる。他人の目を浴びる、この不快さ、この恐ろしさ。

視線は原初の暴力として我々に設置される。見ること=捕獲といっても過言ではない。しかしながら、いくら見たところで何をも捕獲できない。わからなさのあまり息が詰まる。考えただけで吐き気がする。見ることも見つめることも!他人の存在が過剰すぎる。理解するにはあまりにも過剰である。

存在すること自体が過剰である者が放つ視線を浴びること、このどうしようない、どうしようもないどうしようもない吐き気。わたしは隠れたいこのどうしようもない、このひらがなの疎ましさ、漢字の硬さ、このすべてを、いや、この。手の動き、親指の気持ち悪さ、あーわたしが放つ言葉、わたしという仮の一人称さえ、眼に映るすべてのすべて、どうしようもない!

なんて自分の放つ日本語は汚いのだろう。バランスが悪いのだろう。漢字とひらがな、語呂、ニュアンス、接続詞

Remove all ads

内定

内定 確定 勤務地各停 祝いに食いたいカルビ定食 祝い?呪い? 本音で言いたい わからない まあいいや のろい チル には飽きた。

むかしなら パラパラ コロコロ 読んで 時間をイルにキル。いまは ゴロゴロ 減ってく残高 をタッタカ 待ったなし で完食 で就職。

28日まで休日 自由 I 埋める口実 乱立 びびらすカス 咲きだす蓮 ここどこ常世 へ行くにはまだ早え ちらつく蝿 殺すガス より かれとともにまず飛び回る うんこの上へ うぇ 吐き気催す buck off 反抗

いかった肩ふり回す よりも ことば交わす ガンジーズに 肩叩き you're fired まばたきしてる間に ヨガフレイム 判別つかんやつ読んでるムー 今日も何処かの教祖が オイソ ボイソサイソ 広がる裾野 懐に飛び込む はるばるきたけん

悪党におやすみをいいな

いいね!5件

Remove all ads

可能態

作者の意図とは裏腹にそう読むことも可能であることを可能態と呼んでいる。たとえば、ジブリの都市伝説なんかも作品の可能態だと考えている。

作品は作者のものではないし、そうでもある。作品は公である。公を占領することはできないが、作者は王である。作品は空座の王によって生み出されるが、王はその可能態を否定することはできない。なぜか、人間はべつの人間の視点を踏みにじれないからだ。批評とは作品の可能態のなかに眠るひとつの正しさを導くものである。人間はこの批評のもと作品を生み、作品にべつの可能態を孕ませる。作品が生まれたとき、それを知らされたとき、それら二つは平行になる。公に登録される。

公衆は一つの化け物である。そこから解離する様を人間とよび、公衆は人間の可能態である。

Remove all ads

仮の答えを提出しつづける

ある本の影響で読書の方法をかえた。

前のスタイルは憑依型で、他人を自分に憑依させていた。言語化不可能の域にまで他人を自らに憑依させ、言語を窒息させるスタイル。感想を聞かれると、痴呆症者の振る舞いのように答えることしかできない。やばめのスタイル。

わたしはもっぱら憑依型で影響をかなり受けやすい。それはいいことだが、限界のあるこの身では受け止めきれない。あらゆるものが無限に広がりすぎるからだ。

で、この方法では生きられないことにやっと気づき、情報を切断していくスタイルに切り替えようとしている。とはいっても、切断し過ぎず、情報を切っていく。潜在性に潜りはするが、現働化させ潜在性を広げ過ぎない。今までは自分の有限性(身体)を無視し過ぎていたので、ことばを失い、過剰なほどあらゆる本と接続していたので何が何だかわからなくなっていた。それを気づかせ、実践へ導いてくれた本が

千葉雅也『動きすぎてはいけない』だ。

この本を何度も読みすすめるにつれて、これはわたしのために書かれた本だと感じた。本書を読んでいると、スピノザライプニッツ、メイヤスー、マラブーを一度読まなくてはいけないような気がする。しかしながら、わたしが今読むべき本はこの一冊だけだ。

たとえば、それらの本を仮に買ったとする。求めていることは切断と接続の過剰さを調節することであり、それをいかに節約するかということ。いわば、仮の答えを提出し続けること。

それらを探すためにわたしが彼らの本をたらい回しに読めば、本書の意図ともわたしの意図とも逆行することになる。シニフィアンの連鎖のような状態にまた足を踏み入れることになるのだ。何度も読んでそれに気がついた。今はこの一冊を読む。買って半年以上経つ。この書物をしっかり使いたいと思う。

はじめの実践の場としてツイッターを短歌に切り替えた。これはいい。文字数という有限性のなかでツイートする。無限に膨らむ潜在性を断ちながら、ことばをはめていく快感。ときにはみ出すけど、ただの字余りだ。

切断し過ぎるジャニーズから接続し過ぎるSNSへ移行した香取慎吾もこの本を是非読んでいただきたい。きっと参考になる。

クラブミュージックに疎外感を感じる人、イエスかノーかという命令に嫌気がさしてる人にも是非読んでいただきたい。

3日間ほど同じものをつくっていた。飽き性が祟ってはやく終わらせる、目処をつけるという作業をしないと気がすまない。そこに居続けられないという気持ちがあって、たとえば鳥貴族へ行くと、まずぼくは腹を満たしたいので焼き鳥丼を頼んでしまう。そういうタイプの人間だから、ゆっくりと展開するのが苦手なのだ。

それでも、着実に距離は伸びている。3日で一万字を超えた。始めと終わりでだいぶ、心境が変化したので語り口もなんだか変わってしまった。一万字を超えて物語は終わった。というよりも、そのさきは週末でないと描けないのだろうと思う。あとがきという形で示されることになると思う。現状、原稿用紙に換算すれば33枚。海へ素潜りするような書き方をしている。それ以外にやり方を知らないのでしょうがない。さすがに50枚までは伸びないだろう。

書いていくと不自由さを感じる。自分の書いたことによって次の一手が拘束されていく。そう感じたならそれを逆手にとって進むしかない。それが解決されると束縛を忘れ、べつのことに熱中し始める。結果、知らない間に夜が更ける。

というか、今週は色々と書いた気がする。二時間で済むものあれば、一日かかるものもあって、

気づけば何とも言えない物語を作っていた。批判されればされるほどその作品と化していくという謎の構造を孕んだ物語となった。バグみたいな物語。謎の本質は解けなさにある。

謎は穴である。埋めようとすればするほど、穴のまわりを廻るはめになる。こんなアホなん作りたくなかったけど、どうしようもない。批判でなく批評じゃないと、穴を廻るはめになる。

詩の方が作品として成り立ちやすいような感覚があるから物語を千切って散らしてたが、ついにはその形態にも無理が生じて文章に起こしてみた。すると7時間くらいモーターが回った。

寝ぼけながらいうジャーナリズム的な視点で書いている笑いの王ってやつは、強烈にアンチで像を結ぶよりも線でアキレス腱つくるみたいな感じやからいつでもできる。

接続しすぎてかけなくなったタブレットにある作品群はタコを凧にして解いていったらいけるかなって感じなのでいつか頑張ろうと思ってる。『もうひとつの街』アイヴァスを参考に書いてたらついにはアイヴァスと同じような苦しみを味わうはめになって途中でやめた。

それよりも、気になってるテーマがあって本の土台、紙の外在性について。ものとしての本があり、読書の本がある。文字にしろ言語と絵画のあいだでいつも揺れてる。それらの下には勿論紙がある。紙ってすごい受動的にみえるけど中動的やろう。外在的で中動的で、かみさまなんちゃうかと疑ってる

インスタ

インスタをしている。基本的にはキキちゃんと2人でやっている。ほとんど自分の格好を記録するためにやっている。当初の目的はそれプラス、一つのアカウントを多数で運営するのが目的だった。というか、それが主だった。

一人は一人であり一つの目から成る。それが複数集まれば、人数分だけ目が生まれる。また、その複数がぼくとは別のコミュニティに属しているから、タイムラインに他人が出てくる。いわば、ぼくは他人の内輪話に参加させられる。それに参加するかどうかは別として。

そこにおもしろさを見出した。それぞれのコミュニティ、装い、全く関係のない人間たちとは言い切れない知らない他人たちと同居するようなSNS。私物とは言い切れないアカウントをそれぞれ個人的に行うようなアカウントに憧れていた。自分とは別のものが勝手に更新しているにも関わらず同じアカウントであるということ。

匿名の人間によって寄稿される雑誌みたいなのをインスタではしたかった。今でもそうなればおもしろいとは思うが無理なので、個人アカウントへ切り替えようと考えている。というか、現状がそうなのでそのままか。

今まで通り、基本的には、はキキちゃんと会っているとき、自分の格好を投稿する。ぼくは自分の格好に興味があるし、自分の写真集が欲しい。これはナルシズムじゃない。近くて遠い自分が気になるのだ。

今と過去が直線的に繋がっているような感覚がぼくにはない。断片と断片で一時的に接続されるようなことはあるだろうが、ぼくがぼくであり続けたことは一度もない。ぼくという固有名詞があるだけだ。固有名詞を嫌悪しているわけじゃない。不思議なのだ、この不正が。ぼくがぼくであり続けるという不正が。ぼくという固有名詞がなければ書くことは愚か、話すという感覚さえなくなるだろう。つまり、名を持たぬ人間は人間でなく別の生を全うする。

ぼくという最低限で揺らぎやすいが、決してボヤけない輪郭がぼくを人間とたらしめている。風を感じよ、と人が言う。厳密に言うなら、風を感じている身体を感じろということで、風と肌を隔たる我を知れということである。ぼくらは皮膚によって、中身を保持しているそれが解けるとどうだ。ぼくらはぼくを失い、全体へ溶けてしまう。つまり真の意味でぼくらになってしまうということだ。

インスタグラムは自分が自分であり続けることの不正を感じながら、首の皮一枚で繋がる主語を大切に思う気持ちから稼働している。それにわかりやすいだろう。ツイッターよりも自己紹介に適している。どんな投稿でさえも利用者の思惑が伝わる。

当たり障りない投稿とも、オシャレを心がける投稿ともぼくは無縁である。ぼくは生活を投稿している。ぼくは不正まみれのぼくを投稿している。だから、撮るときは毎日、その時の自分が好きな格好をしている。それにキキちゃんにも申し訳ないじゃないか。寝巻き姿で会いに行ったりするのは。

Remove all ads