元旦の詩

クソ癖になるこの味

おれ 食らう イノシシの脚

リブに噛みつく 歯茎の赤さ

童貞のように 野蛮でピュア

クソ癖になるこの味

涎降らし 雨舞わす風と

踊るピュシス 吹き出す 千の帳

揺りかごから墓場まで

地鳴り クライシス

空走る 雷 掌の皺 刻み

クソ垂らし メクラだまし 声枯らし

そして 木枯らし まで

明朝体を 酷使 黒ずむ まで

お手する 犬 抱き

愛ゆえ ころし 卸した牙で

愛の死を 愛の詩を 哀の詩を

I の 詩を

涙流るなら 満ちるまで 月 欠く先

蜘蛛の糸 で飛ぶ 詩

I 充たす 愛から 溢れる藍を

空に流せど 雲ひとつ 今ひとつ 足らず

そして そして 夜が染まるのを

ベランダから みてた

Remove all ads